東京脱出バナー

いま身の回りの不用品を絶賛処分中なんですけど、「捨てても捨ててもまだ出てくる!」って感じで、今さらながら「わが所有欲のすさまじさ」を痛感しとります。
なんでこんなに色んなモンを溜め込んでたんだろう? と考えたら、要すは「所有欲という煩悩を無自覚な状態で持ち続けた結果」なんだろうと思います。

たとえ煩悩であっても「自覚した状態で向き合う」のならば、そんなには怖くない。
自覚しているものは、たとえ悪癖でも矯正可能だからです。
しかし「無自覚」なものというのは矯正が難しい。
何を(どこを)直せばいいのかわからないからです。

俺の収集癖にしたって「自分が物欲に憑りつかれてる」という自覚がないからエスカレートしたのであります。
けれども今は「自分にはヤバい癖がある」ということを自覚してるんで、今後はさすがに変わるでしょ。
「自覚の力」で無自覚な煩悩を押さえつける、というやり方で俺のこれからの人生はかなりスッキリするはず!

・・・と言いたいところなんですが、「何かに興味を持つと、その資料がずらっと本棚に並ぶ」というのが小学生の頃からの俺のサガなんですわ。
「こだわり」や「好奇心」も煩悩だとは思うんですが、かといってそれを捨てると俺が俺でなくなってしまうので・・・う~ん、悩ましいったらありゃしない。

低解像度426モノクロ表紙

『薔薇族』最新号(No.426)2018年1月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)426号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら