東京脱出バナー

電子メール、Eメール・・・とか丁寧に言ってた時代がすでに紀元前のことに思えてくるほど、メールは俺たちの生活に食い込んできています。
もはや「メール」と聞いて「何それ?」といった反応を示す人は皆無に近いでしょう。
同じくらい普及したものに「SNS」があって、こちらはブログ(不特定多数への情報開示)とメール(特定対象への意思伝達)の機能を兼ね備えたツールとして重宝がられています。

とはいえ、「手軽」「便利」といった面だけを偏重すると、やはりよろしくないことが起こりがちです。
文章、それも短文だけで思ったことを他人に伝達するというのはひじょうに難しい。
よほどの文才の持ち主であったとしても、たぶん思っていることの五割も伝わらないでしょう。
文才はおろか、まともな読解力すら持ち合わせていないような人間では、さらに状況は悪くなります。
だから、SNSはしばしば「荒れる」のだと思います。

結局、人間は「五感」をフル活動しなければ、気持ちをキチンと伝えることは至難の業。
「言葉」で伝えられない部分を、ちょっとした表情や仕草、声のトーンなんかで補うことによって、どうにか事なきを得る・・・みたいなことは多いわけですから。
「1枚の写真には文章1万字に勝る情報量がある」と言ったヒトが過去にいましたが、まぁそーゆーことです。

ちゅうわけで、俺は「××時に××駅前で」みたいな事務的連絡以外ではメールは使わないことにしているわけです。
たとえ相手にメンドくさがれても。
たとえアナクロと言われても「誤解は五感で防ぐ」ということを肝に銘じているのです。

427モノクロ

『薔薇族』最新号(No.427)2018年4月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)427号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら