東京脱出バナー

おかげさまでつつがなくジジイ化が進んでいる竜超ですが、こういうのを嫌がる御仁が多いというのは何とも悲しいことです。
ジジババは特権階級なのにねぇ。

どーゆー特権階級なのかといえば、「嫌なことを避けてもソコソコ許される」という意味での特権階級ね。
先のまだ長い人間ならば「将来のために辛抱せい!」とか言われちゃうとこですけど、先がかなり見えちゃってる我々の場合、「ま、アンタはいいよ」と見逃されやすい。
あー、楽だわさ。

楽なジジババになりたい人は、昔のことはどんどん忘れていったほうがいいよ。
いちばん不幸なジジババは「過去の栄光にすがるタイプ」。
「俺は昔はこうだったんだ」とか「俺の扱いがなっとらん」とかいった類のことを言いだしたら、周囲も迷惑だし、当人だって辛いはず。

昼ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日)の中で、過去の過ちを悔いて嘆く富士眞奈美に、有馬稲子が「昔のこと言われたって、思い出せないのよ、私。あんたも忘れなさい、認知症にかかりなさい」と声をかけるシーンがあったけど、あのセリフには80代の倉本聰でなけりゃ書けない重みがありますナ。

俺も過去のことはたいてい忘れて、ひたすら「今」のことだけ考えて生きたいと思います。
それが許されるのも、やっぱジジババの特権なんだよね。

427モノクロ

『薔薇族』最新号(No.427)2018年4月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)427号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら