東京脱出バナー

近年は「●●禁止法/条例」のたぐいがやたら増えてる印象です。
また、その制定を希望・要求する人間も多くなってるような・・・。
もちろん、個々人の尊厳だとか権利だとかを蹂躙する行ないは「あるべきではない」のですが、その解決法を「法や条例による禁止措置」だけに見るのもいかがなものかと。

何かトラブルが起きた際、「訴えるぞ!」みたいなことしか言えない、自分の憤りを権力に肩代わりさせる・・・そんな人間はハッキリ言って「上等なモンではない」ですよね?
気に入らないことがあるたびに「禁止法/条例を作って相手を押さえつける」ということばかり繰り返していたら、世の中はタブーだらけのイヤ~な状況になります。
そんな世間で、あなた、生きたいですか?

ヘイトスピーチと呼ばれる物言い、セクハラと呼ばれる行動については「法規制を強化せよ!」といった声が多いですが、個人的に怖いのは「どこまではヘイトスピーチ/セクハラではない?」「どこからがヘイトスピーチ/セクハラか?」といったことがよく分からない点。
法/条例規制を要求する側の声だけで罰則対象認定される、みたいなのはやはりオッカナイよね。

「定義があいまいなものを法/条例で規制する」なんてヤバイことをしなくても、たぶん既存の法律で規制できるケースが多い気がします。
「侮辱」「恐喝」「暴行」とかに対する規制で対応できるんじゃないかと。

俺は「一表現者」として、世の中のタブーが増えることに反対ですし、タブーの増加は「トラブルを理性・知性では解決できない現実(=市民社会の敗北)を認める行為」だと思ってます。

なんかね、「教育水準が上がっている」と言われてる国にしてはお粗末な現状なんじゃないかと思うワケです。

427モノクロ

『薔薇族』最新号(No.427)2018年4月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)427号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら