東京脱出バナー人間、半世紀も生き続けてると、いいかげん「飽き」が来るものです。

「あ~、もお面白いことやり尽くしちゃったよおお」てな感じです。
ただし、やり尽くしちゃったのは「既製の楽しいこと」なんですね。

既製っていうのは、要するに「受動」のことを意味します。
言うなれば、どっかの誰かが作って、「ハイ、どうぞ」と手渡されたもの。
少なからぬ人がこれを受け取って、それで遊んでいるわけですが、まぁ既製品で満足できる人の場合はそれで問題ないでしょう。

ただし、たとえどれだけよくできていてもしょせんは既製品。
悲しいかな「オーダーメイド」ほど自分には合わないわけです。
また、「飽き」が来る時期もやっぱり早くなる。

俺の場合、「既製品によるお楽しみ」はとっくの昔にやり尽くしているわけです。
もしも人生の娯楽がそれオンリーとかだったら、これからの時間(どのくらいかはわかりませんが)を一体どうやって過ごせばいいことか・・・。

しかし大丈夫、「人生のお楽しみ」は既製品だけでなく、「自分でどうするか考え、パーツを集めて、組み立てていく」という「能動型」のものもあるんです。
これは楽しみ方無限大で、「怠けず動く」ということさえ怠らなければ、なんとでも、いくらでも、遊び続けることが可能となります。

やっぱり人間、「お客様」ではホントの楽しみは享受できないんですね~。
些細なことでも構わないから、「自分で作る」というのが人生を面白くする!

427モノクロ

『薔薇族』最新号(No.427)2018年4月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)427号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら