東京脱出バナー

意見というのは血を分けた相手であっても必ずしも一致するものではなく、だから「100%の合致を見る」みたいなことは基本的にあり得ません。
ちなみに俺は「40%」ぐらい意見が合えばもう「スゴイ! こんなに話が合うなんて」と感動できる安上がりな男です。

ところが世間を見渡してみると、俺みたいなのは少数派らしい。
自分の好きなもの(こと)が全肯定されないと、まるで全否定されたかのような苦痛を感じる人が少なくない様子なのです。
特に趣味世界においてその傾向が顕著で、イチ推しのアイドルやアニメとかにちょっとでも懐疑的な意見を述べる相手を見ると、過剰にキレたりして。

まぁ、その気持ちもわからないわけじゃないですけどね、
何かが好きすぎるあまり、それを好きでない奴らが許せなくなるような憶え、俺にもあります。
ただし、それはまだガキだった頃の話。
俺みたいなトシになってもまだそんなこと言ってたらイカンですよ。

「キレる老人」みたいなフレーズが見出しが新聞や雑誌に躍りはじめたのは一体いつ頃からだっけ?
「いや、トシ食うと逆にこらえ性がなくなって、キレやすくなるんですよ」という意見があるのも知ってますよ。
だけどやっぱり、ジジイババアには「お待ちなせえな、そこの若いの」と血気にはやる年頃の連中をなだめられる分別を持ってほしいじゃないの。

全国の俺と同世代の方々よ、自分が「全肯定以外は全否定」みたいな極端な考え方をしてないか、ちょっと確認してみない?
いやホントに「40%ぐらい意見が合えば御の字」なんだからさ!

427モノクロ

『薔薇族』最新号(No.427)2018年4月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)427号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら