東京脱出バナー

「この道一筋ン十年」みたいな生き方が尊ばれる日本において、俺のような人間はさぞケーベツされることでありましょう。
そう、ものすっごく「飽きっぽい」んです。

子どもの頃からそうだったんですが、俺が何かに興味を持つと、その関連本が書棚にずらーっと並びます。
で、ものすっごく研究とかするんですけど、しばらくすると「あ、見切った」という気持ちになって、興味がスーッと引いていく。
で、また何か新たな興味の対象を見つけて・・・の繰り返し。

それは、自分のしてることでも同じですね。
いっときはものすっごく熱中するんですけど、自分の中で一定のラインに達すると、「うん、極めた」という気になって、また新しいことをやりたくなってくる。
そういうのを色々と繰り返してきました。

でもまぁ、それが結果的に「良かった」と思うんです。
クリエイターは、客に飽きられたら命取りですからね。
いつまでも同じことをダラダラと続けるよか、どっかでスパッとやめるほうが良い。
俺の場合「客が飽きる前に自分が飽きる」んで、マンネリにだけは陥ることがありませんでした。

自分にとって「飽きる」は特技。
まぁ、そういうことですワ。

427モノクロ

『薔薇族』最新号(No.427)2018年4月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)427号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら