東京脱出バナー

「長生きをするのは、歳をとるにつれてどんどん機嫌の良くなってくる人」という話を聞いたことがあります。
それはたぶん「平凡な日常の中から『幸福』を感知する能力が高い人」ということなんでしょうね。

世の中には「幸福な人間/不幸な人間」がいるのではなく、物事を「幸福だと感じる人間/不幸だと受け取る人間」がいるだけだ、なんてふうに言われますが、まぁその通りだと思います。
大変な生き方をしてるのに明るく笑ってる人もいれば、ずいぶんと恵まれてるよう見えるのに「俺はツイてない」が口癖の人だっていますもんね。

笑って過ごせば免疫値が上がり、クサクサ生きると下がる、というのはお医者さんたちも言ってることだから、「機嫌の良い人」のほうがヘルシーであることは自明の理。
長生きしたい人は、せいぜい「自分はツイてる」と上手な暗示をかけるテクを身に付けてください。

「自分はツイてる」と思いこむことは、できる人なら簡単ですが、できない人には難しい。
そして、できない人は「不遇意識」をこじらせやすいのです。
これをこじらせるとねぇ・・・「長生き」どころか「今を生きること」すらしんどくなってきます。

免疫値は、「ただ口角を上げるだけ」のウソ笑いをするだけでも上がるんだとか。
どうしても笑えない人は、最終手段として、誰かにくすぐってもらってもいいかもしれませんな。

427モノクロ

『薔薇族』最新号(No.427)2018年4月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)427号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら