東京脱出バナー

生きてると、あちこちで様々な「当たり前」に出くわします。
その中には、「そりゃまぁ確かに当たり前だろうな」と思わされるものもあれば、「なんでそれが当たり前なんだよ!?」とちゃぶ台ひっくり返したくなるようなものもある。

ただ、個人的には「当たり前で片付けられるようなシロモノ」が山ほどある世の中っていうのはあまり好きじゃないですね。
だって、ものごとを「当たり前」で片付けて、それについて考えることがない状況っていうのは、要するに「思考停止」なわけですから。
「そんなの当たり前だよ」と言われた時、「はい、わかりました」と引き下がるか、「なんで当たり前なんですか!?」と食い下がるかで、人生ってけっこう変わると思うんです。

俺はいま「脱東京」をするために様々な状況調整をしてるわけですが、その現場には「当たり前」とされている事柄がものすごく多い。
ただ、それを「はい、わかりました」と受け入れてしまっては生活を一新する意味がないし、たぶん日本全体がジリ貧になっていくでしょう。

縮小する日本が抱えている少子化問題とかインフラ維持問題とかも、この「当たり前」が影響していると思います。
「当たり前」が積み重なった結果として、いまの日本があるんです。

「当たり前」を「当たり前」のままにしておく人間が大多数だったら、この国の未来は暗いよ。

427モノクロ

『薔薇族』最新号(No.427)2018年4月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)427号も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら