東京脱出バナー

販売店のイメージを左右するのは、なんだかんだ言って「レジ担当者」だと思うんですよ。
どんなに品ぞろえの良い店であっても、最後の最後に接するそこがヒドイもんだったら台無しもいいところ。
最悪の場合、「二度と来るか」とプリプリしながら店を後にすることになって、これは精神衛生上、非常によろしくないです。

レジ打ちに「プロ」を配している店は「スーパーマーケット」に多く、中でも「おばちゃん店員さん」だとほぼ例外なくキチンとした対応をしてくれます。
対してコンビニは、言っちゃぁなんですが、「・・・は?」となってしまうバイト君が結構少なくなく、だから俺はできるだけ使わないようにしてるんです。
もちろん、キチンとした人だって一定数いて、そういう人がレジを預かってる場合には安心して使えるんですが、その人のシフトと俺の来店スケジュールがいつもいつも合致するわけもなく、「あ~、使わなきゃよかった」と思わされることになるんですね。

「レジ係は店の顔」というのが俺の見解であり、だからそこをちゃんとできる店員さんには「相応の待遇」をあてがうべきだと思うんです。
そうすることで、働く側に励みが生まれ、接客力が上がり、お客さんも良い気分になり、前より足を運ぶようになる・・・といった好循環が生まれるわけですからね。

もちろん、気持ちの良いお買い物を成立させるためには、店側ばかりに要求してもダメ。
客の側だって相手に対する誠意や敬意を持たないといけません。
俺が一番イヤなのは「××」と言いっぱなしにする奴。
「××」と「××ください」とは、時間的には1秒弱しか変わりませんのですよ。
たかだかその程度のことをメンドクサがってどーすんのか、って話です。

ブック 1.indb

『薔薇族』最新号(No.428)2018年7月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)428号も間も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら