東京脱出バナー

まだ終わったわけではないですが、今年の夏は「観測史上トップの暑さ」だそうです。
テレビも新聞もそのへんのオッサンも、これを「異常気象だ!」と呼んでいます。
でも、ホントにそうなんでしょうか?

「異常」というのは「正常」の中にポコッと現れたものだから「異常」と呼ばれるのであります。
言い換えれば「たまに」だから異常なんであって、「いつも」になったらもはや異常ではない。
「もはや異常ではない」って、なんか「もはや戦後ではない」に似た響きですが、マジであれと同じになってしまったらコワイよ。

すでに「この猛暑は単なるアブノーマル(異常)ではなく、ニューノーマル(新常識)の始まりなのだ」とか言ってる人がいますが、22世紀の学校で「思えば、あの夏がニューノーマルの第一章でした」なんて教えられてる様子を思い描いたら、いやー、猛暑の中なのに背筋が冷たくなりますわ。

今夏が「異常気象」だったらいいな、と心から思います。
みんなもそう願ってください。

ブック 1.indb

『薔薇族』最新号(No.428)2018年7月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)428号も間も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら