東京脱出バナー

災害がひと連なり状態で押し寄せている感のある昨今、被災地支援やボランティアに乗り出す人は多い。
それに対して「偽善」という言葉を投げつける人間がいるのは人の世の習いです。
そのせいで「動く」ということに消極的になってしまっている人もいるかと思いますが・・・もういっそみんな一律に「偽善」ということにしちゃえばいいんじゃないかという気がします。

「俺は偽善じゃないがアイツは偽善だ」とか「いやいや俺には下心なんかありゃせんわ」みたいなことを言いあってると、もうどれが偽善でどれが違うのやら分からなくなっちゃう。
そんな「クイズ!どれが偽善か」みたいな不毛なことやってる暇があったら、「あー、俺は偽善で結構」と開き直って、やりたいことをやったらいいんじゃないすか?

それを実践してるのが俳優の「杉サマ」こと杉良太郎氏で、自らの行いを「偽善で売名」と称しながら「福祉のために自腹で数十億使ってきた」という。
行為には偽善と真善があるかもしれませんが、お金自体にそんなものはないので、出せる方は杉サマのようにやってみたら?
いや、数十億とか言ってるわけじゃないですよ。

ブック 1.indb

『薔薇族』最新号(No.428)2018年7月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)428号も間も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら