東京脱出バナー

昨今はなんかね~、やたらめったら「レッテル貼り」が行なわれてるでしょ。
気に入らない相手を見ると聞くに堪えないレッテルを貼り付けて、まさに「貼られたら貼り返せ」といった感じです。
SNSで、相対する主張をする精力を同時フォローしていると、もう毎日が「紅白レッテル貼り合戦」みたいな感じで面白いったらない。
いや、面白がってる場合じゃない。
この傾向がこのまま続いたら、果たして日本はどうなるものか。

レッテル貼りって、最近はやりの「多様性」の真逆をゆく行為ですよね。
「自分とは違うけど、ああいう考え方もあるよね。それは尊重しましょう」と鷹揚に対応するのが多様性なわけだから。
「なんで自分と違うことを主張するんだ! 許せん! ぶっつぶしてやる」と考えて行なう報復が、つまり「レッテル貼り」なんだから。
こんなのが恒常化した国なんて、どう考えてもマトモじゃないでしょ。

この国がこれ以上「恥ずかしい姿」にならないよう、ミナサマ、ちょっとずつ変えていきません?
とりあえず「レッテル貼り」はやめましょう。

ブック 1.indb

『薔薇族』最新号(No.428)2018年7月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)428号も間も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら