東京脱出バナー

小・中・高の頃のことを思い出すと、もう「恥ずかしい」やら「申し訳ない」やらで、穴があったら入りたくなるんです。
なんというか、「好き放題に振る舞って周囲に色々迷惑をかけてきたなぁ・・・」と思って反省ひとしきり。
詫びないといけない相手もかなりいて、心の中ではホントに平身低頭状態なんですよ。

とはいえ、です。
別に自分を正当化するわけじゃないですけど、過去を思い出して「恥ずかしい」と感じられるということは「自分が昔よりは進歩できている」ということ、だとも思います。
だってホラ、当時は全然「恥」なんて感じてなかったわけだから。

ろくでもないことをしても「恥ずかしい」なんて感じなかった俺が、まがりなりにも「恥じてます」なんて上等なことを言えるようになったのは、これは大進歩だよ。

ちなみに、俺が過去の「何」に恥じ入っているかは秘密です。

ブック 1.indb

『薔薇族』最新号(No.428)2018年7月21日発売!
お求めはこちらから

電子書籍版(PDF形式)428号も間も発売中!
お求めはこちらのサイトから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから

神奈川・湯河原にて「読者茶論」をオープン
詳細情報はこちらから

都内の『薔薇族』委託店・新宿二丁目/新宿御苑すぐ前「模索舎」
MAPはこちら