イヤガラセに行こう

東京都議選の投票に行ってきた。が、投票所の閑散としたムードにちょっと驚いた。正午過ぎという、けっこう混んでいそうな時間帯だったんだが、僕以外の投票者はいなかった。「選挙、行ってきた?」と、その日会った何人かに訊いてもみても、「行った」と答えた人間は少なかった。国政に比べれば地味めというか大衆の関心が薄めな選挙だから仕方ないっちゃァ仕方ないンだけど、経済面でアヤシゲな錬金術がまかり通っている時期だけに、なんとも不安がつのるところである。

僕にしたって、べつに「ココに入れたい!」という積極的な想いがあるわけではない。「あの党をのさばらせないためにはドコに入れたほうがいいのだろうか?」と、その時々のパワーバランスを考慮しながら入れる政党(候補者で選ぶことはほとんど無い)を決めている感じである。でもまァ、たとえどういう思惑であろうとも、せっかくの一票を棄権することはしないほうがイイわけだしネ。

日本のばあいは「民主主義とは何か?」ということを学校で論じることもないし、そもそも思想・言論・報道・集会・信仰やらの「自由」を自分たちの手で勝ち取ったわけでもないので、それらを失ってしまう危機についてもひじょうに鈍感なのである。だから、ボーッとしていると声のデカい連中に押し切られ、悪法・珍法だらけのトンデモ国家になってしまう危険も大なのである。そんなわけなので、ミナサマ、せっかくの権利を放棄するようなことだけはやめましょう。いや、「嫌いな政党がイイ気にならないように、足を引っ張るイヤガラセ行為をしに行く」ぐらいな感じでいいのヨ、選挙なんてモンはサ。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新407号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから