「集まる」前に、まずは・・・

いま売出し中のフリーキャスターがちょっと前に、とある番組内で「みんなで集まることで勇気を得る」というスタイルについてかなり肯定的に語っていたのだが、そんなに賛美しちゃって大丈夫かなァ・・・とフト不安に思ってしまった。たとえば「戦争」だってその原理で起こっているわけだしネ。人間というのは数が集まると、つい自分が強くなったような気になって、本来なら躊躇するような残酷なことでもやれてしまったりするイキモノなのである。

悲惨な事態を招かない為には、「みんなで集まる」前に、まずは「独りで立てる気概」をもつことが必要だ。たとえ周囲から浮いてしまっても「したいことはする」「したくないことはしない」というスタンスを貫ける・・・そんな人間たちが「必要に応じて集まる」のならばいいのだが、「ひとりでは何も云えない」ような人間が「虎の威を借りたくて四六時中群れをなす」のでは危なっかしくて仕方ない。

くだんのキャスター氏も、組織内では制約が多すぎるからフリーになったんだろうから、まずは支援者たちに「個の確立」を呼びかけてみればいいのに・・・と思う。個が固まらない状態の人間たちがなんらかの危機感をあじわうと、たやすく集団ヒステリーを起こすことは自明なんだからネ。僕はかなり弱い人間だけど、だからこそ「独りでも強い人間」になりたいのであります。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新407号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから