嫌テレビ=親ネット?

巨大メディア、中でもテレビはホントの部分を隠蔽し、大衆よりも体制側におもねるような報道しかしない。だから自分はテレビを観ないことにしている・・・このような人たちが、若い世代を中心にして増えている。なるほど頷ける部分は多いし、愚直すぎる平等至上主義や筋違いな遵法精神のもたらす弊害(たとえば「全党を揃えなければ政党の声を聞けない」とか)にはヘキエキとさせられることも多い。

とはいえ、である。テレビに不信感をいだいている人の中に、インターネットを過剰なまでに賛美する人がいるのはチト心配である。テレビが信用ならざる存在ならば、ネットだって油断できないシロモノなのだ。「提供情報を鵜呑みにはせず、かならず自身で吟味すべし」という鉄則は、テレビだろうがネットだろうが変わりはないのである。

昨今のテレビには「全方位に配慮しすぎて自縄自縛状態におちいる」という組織ならではの弱点がある。それに対してネットのほうは「個人の情熱をストレートに世界発信できる」強みがあるのだが、その情熱はときに暴走し、特定の誰かへの暴力となる場合がある。

ピンであってもキリであっても、情報というのはひじょうに取扱いの難しいものなのだ。「テレビには各方面からの圧力がかかっているので核心にふれるにくい」というのは確かにその通りだが、「だから真実はネットの中にこそある!」と思い込んでしまうのも、テレビを盲信してしまうのと同じくらいにアブナイことである。要は「誰(何)の云うことであっても話半分に聞いておく」というのが大事なのヨ。もちろん、僕の云うコトであってもネ。

毎週末「読者茶論」をオープン中
詳細情報はこちらから

『薔薇族』最新407号発売中
お求めはこちらから

年間定期購読もよろしくお願いします
お申し込みはこちらから